日記」カテゴリーアーカイブ

「折り畳み式ゴミ収集ボックスK-180」の配送について

「折り畳み式ゴミ収集ボックスK-180」の配送について、運送会社の配送サイズ制限の為、下記のご住所への配送については、運送会社支店止めでの対応となります。

【支店止めとなるエリア】
和泉市・岸和田市・貝塚市・泉佐野市・泉南市・阪南市・泉南郡

上記ご住所のお客様は、新潟運輸 大阪南港支店までお引き取りをお願い致します。
新潟運輸 大阪南港支店:〒559-0031 大阪市住之江区南港東4-10-108(大阪南港トラックターミナル内)

ご不便をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

格安のエクステリア フェンス カーポートならエクステリアストック
img_365936_12540432_0.jpg

新商品サンキン物置「ピアレス」の組み立て

サンキン物置の新商品「ピアレス」の施工に密着しました。

唯一無二(peerless)のデザイン型収納庫。
他には無い一色で統一した木調デザインが一番のポイントです。
木調色の塗装ではなく、加工前の材料段階であらかじめ塗装されたカラー鋼鈑を使用しています。
塗装ではないので、質感がリアルに表現されていて、木調の優しい肌触りが感じられます。

1、基礎ブロック、床板の設置
設置場所が砂利や土の場合は、地ならし、地固めを十分に行って下さい。
地ならしが不十分だと、組立てがしにくくなり、
鍵が掛からなかったり、扉の隙間の原因になります。

基礎ブロックを設置します。
水平器を使用して水平になるように調整します。
角材などまっすぐな物をブロックの上に置くと、
高さが揃っているか確認出来ます。

配置したブロックの上に床板を設置し、
床全体が水平になるように水平器を使用して調整して下さい。
(今回は、仮設置の為、基礎ブロックは省いています。)

2、側板の取付
床板のレール角部分に「側板自立補強 左・右」を取り付けます。

「側板左」と「側板右」をそれぞれ「側板自立補強 左・右」に被せて固定します。


3、前ランマ、後ランマの取付
前ランマ、後ランマそれぞれを側板の上部にはめ込み、固定します。



転倒防止金具を使用する場合は、後ランマを取り付ける時に、転倒防止金具を挟んで固定します。

4、後柱の取付
後柱を後ランマの中央にある角穴と床板の角穴に差し込みます。

5、後板の取付
後板を正面から背面に向かって、はめ込みます。
ここでのポイントは、下(床板)の方からはめ込んで上(後ランマ)をはめ込みます。


6、屋根と前柱の取付
屋根を本体に被せるようにのせ、六角ボルトで固定します。

前柱を床板中央の角穴に差し込み、屋根中央に取り付けてある取付金具に固定します。


7、棚板の取付
棚板を取り付ける位置を決めて、前柱・側板左・側板右・後板のコーナー部分・後柱にある角穴に棚受け金具を差し込みます。
棚板を棚受け金具の先端に引っかかるようにのせます。

8、扉の取付
扉の左右を確認して、扉を取り付けます。(鍵穴が付いている方が右扉です。)
右扉裏側に扉ストッパーを取り付けます。
前ランマのレールに切り欠き部分があるので、そこに扉の扉ガイドを差し込みます。

ここでのポイントは、扉を閉めた際に隙間が出来たり、鍵が掛かりにくい場合は、
床の水平がキチンを取れていない為、全体がねじてている事が要因と考えられます。
扉と側板とのすき間が3mm以上ある場合は、床が水平になるように床の高さを調整して下さい。

扉と側板とのすき間が3mm未満の場合は、扉裏の戸車の高さを調整する事によって調整できます。

9、完成です。



商品について等、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。

「サンキン物置」配送についてのご案内

只今、神奈川県内の路線便の配送が非常に混雑しており、メーカーの自社便にてお届けを致しておりますので、納期について、通常よりもお日にちを頂いております。

約2週間ほどでの発送を予定致しておりますが、ご注文が集中した場合、順番にお届けいたしますので、お待ち頂く場合が御座います。

納期をお急ぎの場合は、ご注文前にご確認をお願い致します。

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

格安のエクステリア フェンス カーポートならエクステリアストック
img_365936_12540432_0.jpg

11月の期間限定セール「2台用フラットポート」

11月の期間限定セール「2台用フラットポート」を特別価格にてご提供致します。

シャープなデザインが人気の2台用カーポート です。コストパフォーマンスにも優れ、さまざまな敷地条件に合わせて設置が可能です。

ホームページからのご注文で、この「ご案内」を見たとご連絡頂けましたら、特別価格にてご提供致します。

「2台用フラットポート」の 掲載ページはこちら

ご不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。

格安のエクステリア フェンス カーポートならエクステリアストック
img_365936_12540432_0.jpg

補修工事に密着

今回は久しぶりに職人さんに密着した施工記事をアップします。
10月2日に施工を行いました。

当店が取り扱う「四国化成」オリジナルのフェンス「縦格子フェンス幅1998mm 自由柱仕様」を使って、曲がってしまったフェンスと割れたブロック部分の補修工事を行う現場に行ってきました。

施工前の状態↓

①まずはフェンスをドライバーで外した後、割れたブロックを取る作業を行います。この補修工事の中では結構、面倒な作業です。

②割れていないブロックまで崩れないように後半はハンマーとノミなどで少しずつ削りながら不要なブロックを取りました。

③割れたブロックがきれいに取れたら次は新しいブロックを固定していきます。コンクリの基礎で重要な部分は鉄筋です。鉄筋が入ることでコンクリートの強度は倍以上になります。今回は割れていない部分にドリルで穴をあけて鉄筋を差し込みました。

④次は柱を固定していきます。ブロックの高さも水平が出ているか水平器などで確認することもポイントです。

⑤あとはフェンス本体をビスで固定したら完成です。

今回の工事は補修のみだったので、2時間程度で終わりました。天気予報で雨が降る前だったので速乾タイプのセメントを使用しました。
水を混ぜるだけの60分で固まるセメントで、1袋が10キロで1000円程度でホームセンターで売ってます。天候が良ければ1袋300~500円程度の24時間で乾くセメントでも全く問題ありません。

「縦格子フェンス幅1998mm 自由柱仕様」の 掲載ページはこちら
(スマホから見て頂いている方はPCページに切り替えてご覧下さい。)

ご不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。