施工密着リポート~ドッグポール「わんこポール」

今、ドッグカフェやコンビニでよく見かける話題のペット用リードフック「わんこポール」の施工に密着しました。

しっかりとした段ボール梱包で届きます。
梱包内容は、ポール×1、アンカーボルト×1、ボルト止め×2です。

ワンコポール
ワンコポール

設置する場所に穴を掘ります。穴のサイズは300×300×H250が適当です。
底面にセメント(粉のまま)を敷いて、その上に平板を載せて、水平器で水平を測って平にします。
ワンコポール

アンカーボルトを通して両側をボルト止めしたポールを置いて、水平を確認。
アンカーボルトは、ポールの前後均等にボルトを通すのが基本ですが、今回は、ポールの後ろ側の足元に配管が通っていたので、後ろ側の方が短くなっています。
ワンコポール

セメントを流し込む前に水平垂直の状態を保てるように添え木をします。
セメントをいれてしまうと、水平垂直の微調整が出来ないので、何度もチェックします。
ワンコポール

セメントは、市販のポルトランドセメントに水と掘った土を混ぜて作ります。
ポルトランドセメントは、25kgが規格で、土は、今回は土のう袋2袋程度使用しました。
今回設置のポールは、犬を係留するポールの為、通常よりも強度が必要になるので、底に流し入れるセメントは、水少なめ、土も少なめのより硬いセメントにしています。

均しこてで表面を丁寧に均します。
夏場で1日程度乾燥させて、セメントの表面が白く乾燥したら完成です。
ワンコポール

ワンコポール
ワンコポール
ワンコポール

上部フックにリードの輪を引っ掛けます。モチーフの犬のしっぽ部分には袋も掛けられる優れもの。下部のフックにリードを巻き付けて長さを調整します。
ワンコポール

犬を繋いだ使用例です。モデルはフレンチブルドッグのなっちゃんです。
ワンコポール
ワンコポール
ワンコポール

実際、使ってみると、リードの長さを調整できるのが便利でした。
散歩途中に立ち寄るコンビニやカフェのテラス等で係留するときは、出来るだけリードを短くしておきたいので助かります。
エチケット袋を掛けられるのも便利です。

景観を損なわないシンプルでお洒落なデザインで店舗に限らず、お庭にも適しています。
商品について等、何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。

格安のエクステリア フェンス カーポートなら関西エクステリアストック
img_365936_12540432_0.jpg